長崎市にある長崎腎病院の院長による皆様へのごあいさつです。/長崎市 長崎腎病院

院長あいさつ

腎臓専門病院としての病診連携 ―腎臓病の予防から終末期まで―

医療法人衆和会 院長 原田孝司昭和48年に桜町クリニックが開設され、その後昭和60年には衆和会としてクリニックに加え桜町病院が開院しました。今回さらに船越 哲理事長のもとに新しく長崎腎病院として入院および外来透析を増床するとともに特別養護老人ホームも併設されることになりました。

日本おける平均寿命は世界一でありますが、国民の高齢化とそれに伴う終末期医療の問題がますます重要になってきています。透析医療の現場においても同様ですが、一般人に比べ種々の合併症のために透析患者の生命予後は悪いと言えます。

長崎腎病院では末期腎不全になられた方に対しては、最新の透析療法を提供し、若い方には社会復帰して頂き、高齢の方には特別養護老人ホームで残された人生を楽しんで頂き、終末期には患者さんの権利およびプライバシーを守りながら、ご本人の尊厳を尊重して診療に当たります。

衆和会の理念は24時間対応の腎臓専門病院として地域医療に貢献することであり、最高の医療レベルを患者さん中心にチーム医寮で提供することにあります。終末期をお迎えの透析患者さんをお引き受けする役割も担ってゆきます。腎不全の患者さんを増やさないためには、慢性腎臓病の予防・早期発見・治療を腎臓専門病院として他の病院およびクリニックとの病診連携を十分に行うことが求められています。腎臓病の患者さんのためにこのような病診連携ができることを願っています。

医療法人衆和会 院長 原田孝司

 

このページのトップへ